日本ソフトダーツリーグ公認 ZERO LEAGUE(ゼロリーグ)オフィシャルサイト

規約・ルールブック

ZERO LEAGUE 規約およびルールブック、各種資料ダウンロードはこちら

各種ダウンロード

ZERO LEAGUE 登録申請書およびスコアシートダウンロードはこちら

登録申請用紙

追加登録用紙

ゲスト申請用紙

スコアシート

スコアシート記入例


ルールブック

2017年1月11日 更新

1. オーダー

キャプテンもしくは代表者は、試合開始10分前までにオーダーを組まなければならない。
システム使用の場合、オーダーはオンラインのPCもしくはスマートフォンなどで、指定されたサイトで入力する。
試合の直前まで組み換えは可能であるが、試合が開始された場合は入れ替え、組み換えなどはできない。
またリザルトシートで行う場合は、オーダーを組んだ後相手チームのオーダーをキャプテンもしくは代表者が確認する。

2. 集合

参加するチームメンバーは、集合時間には全員が集まるようにする。
やむをえず遅れる場合には、キャプテンもしくは代表者同士で協議し、出来るゲームから行うことができる。
また開始時間を遅らせることもできるが、その場合30分以内とする。

3. ゲスト

ゲストは最大2名まで参加が可能となります。
またゲストの資格等については、JSDL規約に準ずるものとする。

4. 3人試合

下記の試合は不戦敗となる。
501ダブルス2試合(第8、10ゲーム)、クリケットダブルス2試合(第9、11ゲーム)、シングルス1試合(第12ゲーム)、クリケットトリオス(第14ゲーム)、1101ガロン(第15ゲーム)。
試合は上記のゲームをデフォルトとしゲームを進める。また勝利ポイントは3人試合にかかわらず勝利チームに付与される。
ゲーム代は通常通りの¥3400を支払うものとする。またシステム使用の場合は、当該試合をGive upにする。
リザルトシートの場合は、デフォルトのゲームに「デフォルト」と記載し、必ず3人試合にチェックを入れ提出する。
また、お互いのチームが3人となった場合は、上記の試合以外の試合を行い、上記の試合を下記の勝敗とする。
ホームチームの不戦勝ゲーム 第8ゲーム、第9ゲーム、第12ゲーム、アウェイチームの不戦勝ゲーム 第10ゲーム、第11ゲーム、第14ゲーム、第15ゲーム
上記以外の試合を行い、勝利チームに2ポイント加算したものが試合結果となる。

5. 日程変更

日程変更は当該試合の3日前の21:00以前であれば、両チーム代表および開催店舗との協議により変更することを認める。
変更する場合は、必ず開催店舗の了承を得、変更後ただちに事務局に連絡しなければならない。
また、当該試合の3日前21:00以降に変更要請があった場合は、両チームおよび開催店舗の了承が取れても、変更を要請したチームに対してペナルティとして2ptマイナスする。
また、変更要請があった時点で変更が不可能であった場合、変更を要請したチームはデフォルトとなり、JSDL規約に準じた罰則が適用される。

6. 試合開始

試合開始時間は、20時30分とする。
試合開始前はチーム全員が整列する。
ホームチームのキャプテンもしくは代表者は、エリア、ディビジョン、節数、チーム名をコールした後、試合開始を宣言する。

7. 先攻後攻

最初の試合はホームチーム先行でコークを行う。
2試合目からは、それまでの勝敗数で負けている方が先攻。もし同点の場合はホーム先攻のコークを行い、当該試合の先行を決定する。

8. コーク

コークはセンタービットに近い方が勝者とする。
同じ距離だった場合、先攻後攻を入れ替えて行う。その場合、刺さっているダーツは抜くものとする。
また後攻が投げボードに刺さった時に先攻のダーツが落ちた場合は落ちた先行がやり直しを行い、お互いが刺さるまで続ける。
先行がブルもしくはインナーブルに入った場合も抜かずに後攻が投げる。
ただし、センタービットに入った場合は、後攻が確認後抜いてから投げる。

9. 練習

ゲームが開始された後の練習は自分のゲーム前の1スローのみとする。
また他の台も含めて、ゲームが開始されてからは練習はできない。
ゲーム中のフィニッシュおよびバースト後にボードに向かって投げるなどの行為も練習とみなすため厳禁とする。

10. ゲーム中のマナー

ゲーム中は下記の行為を行なってはならない。

  • 相手を誹謗中傷するような応援。
  • スロー時の妨害行為。
  • 過度の声を張り上げる、暴れるなどの他の客への迷惑行為。
  • その他ショップへの迷惑行為

このような事象があった場合、相手チームキャプテンは抗議を行い、改善されない場合は、退場、試合の没収などができる。
この場合裁定はJSDLが行うものとする。

11. 素振り

スローラインに立ってからの素振りは厳禁とする。
もしスローラインで素振りをした場合、1スロー投げたものとしてカウントする場合がある。

12. ゲーム中の順番間違え

ゲーム中に先攻後攻、ダブルスの順番が入れ替わるなどの事象が発生した場合、入れ替わった時点までラウンドを戻しゲームを再開する。
ラウンドを戻せない場合、先攻後攻が入れ替わった場合は再試合、ダブルスの順番が入れ替わった場合はそのゲームを不戦敗とする。

13. リザルトシート

リーグシステムを使用しない場合、それぞれのキャプテンもしくは代表者がリザルトを記入する。
その場合は専用のシートを使用する。
その際必ず、試合日、エリア、ディビジョン、チーム名、IDおよび氏名を必ず明記する。

14. ゲーム内容

ゲーム内容は下記の通りとする。

GAME 形式 金額
1st 901 トリオス 300円
2nd 501 ダブルス 200円
3rd クリケットダブルス 200円
4th 501 ダブルス 200円
5th クリケットダブルス 200円
6th 501 シングルス 200円
7th クリケットシングルス 200円
8th 501 ダブルス 200円
9th クリケットダブルス 200円
10th 501 ダブルス 200円
11th クリケットダブルス 200円
12th 501 シングルス 200円
13th クリケットシングルス 200円
14th クリケットトリオス 300円
15th 1101 ガロン 400円
合計 3,400円

ゲーム代は\3,400となり、金額がマシンと違う場合はショップに支払うものとする。

15. 重複試合

下記のゲームに関してはそれぞれのルールにしたがってオーダーを組まなければならない。

  • 第1ゲーム901トリオスと第13ゲームクリケットトリオスの同一の組み合わせ不可(個人の重複は可)。
  • 501ダブルスの同一の組み合わせ不可。個人の重複は2ゲームまで。
  • クリケットダブルスの同一の組み合わせ不可。個人の重複は2ゲームまで。
  • シングルスの重複は不可。シングルスは必ず1人1試合。

試合中に上記のルール違反が発覚した場合は、そのレッグは不戦敗となる。
試合が終了しお互いのキャプテンもしくは代表者がサインをした場合は、重複があっても試合は成立したものとみなす。
またシステム使用時には、重複ゲームが始まる前に申告しなければならない。
ゲームが始まってしまった場合は重複があっても成立する。

16. 反応と誤反応

投げたダーツが刺さった場所と反応が異なる場合、予め刺さっていたダーツに接触等の場合は反応が優先される。
また明らかに誤反応だった場合は戻して修正を行う。
反応せずにダーツ(この場合バレルを指す)が落ちた場合は無反応となり1スローしたものと見なされる。

17. 途中退場

試合の途中でやむを得ない事情によりメンバーが退場した場合、それ以降できないゲームは不戦敗となる。
もし試合続行が不可能となる場合、JSDL規約31が適用される場合がある。

18. 試合終了

全試合が終了後、両チームキャプテンおよび代表者は、お互いのリザルトを確認しなければならない。
リザルトシートの場合は、確認後サインをしファックスをする。
その間にリザルト、勝敗の修正などを行った場合、その試合は無効試合となり、JSDL規約9により除名となる場合がある。

19. 終了後の挨拶

開始と同様に整列し、ホームチームのキャプテンもしくは代表者は成績を発表する。その後挨拶を行い参加者全員が握手を行い健闘をたたえる。

20. エリア大会プレイオフ(ルール改正)

プレイオフは年に1回開催される。レギュラーシーズンの各ディビジョンの成績に応じて、ポイントが獲得出来、ポイントは下記とする。

レギュラーシーズンDiv1の成績…1位 10p、2位 9p、3位 8p、4位 7p、5位 0p、6位 0p
レギュラーシーズンDiv2の成績…1位 3p、2位 1p
レギュラーシーズンDiv3…1位 1p
(※Div 1内のチーム数が5チーム以下の場合は下記2チームは0pとする。)

例)4チームの場合…1位 10p、2位 9p、3位 0p、4位 0p
獲得ポイントが同点の場合以下事項を優先します。
 ① シーズンで獲得した最大ポイント
 ② 上位Divで獲得したポイントの合計
 ③ 年間の勝利試合数
※上記①②③が同点の場合、中立店で順位決定戦を行う。この場合はJSDLが調整を行い、スケジュールと開催ショップを決定する。

年間の獲得ポイント1位チームは、関東大会大会(地域代表決定戦)へ進出確定とする。
関東大会プレイオフはポイントを獲得したチームの2位~7位(成績上位最大6チーム)までとし、トーナメント方式で行われる。
開催会場は成績上位チームのホームショップとし、対戦カードも成績に応じて決定とする。

例)6チームの場合
1回戦…①4位 vs 7位、②5位 vs 6位
2回戦…③2位 vs ①の勝者 ④3位 vs ②の勝者
3回戦…③の勝者 vs ④の勝者

プレイオフの個人の参加条件は、出場資格チームで年間21レッグ以上参加し、開催時点で会員でなければならない。
また、プレイオフのゲーム内容は、ZERO LEAGUE規約11のゲームとし、先に8勝したチームが勝利となり、試合はその時点で終了とする。
プレイオフは、ゲストの使用及び、3人試合は行えないものとする。

21. 特別ルール

1名が参加できるチーム数は複数を可とする。この場合、IDおよびカードを登録したチーム全てに行う必要がある。
ただし、同ディビジョン内での複数登録は出来ないものとする。複数チームに登録しているプレイヤーのチームが、プレイオフへ複数出場した場合、参加出来るチームは1チームとする。

22. エリア大会(地域代表決定戦)

シーズン終了後に開催される関東ブロック大会に出場できる条件は下記とする。

<ブロック内参加可能チーム数>
各ブロック内、年間を通じて2チームが選出される。
ただし最低2シーズンを開催したブロックに限るものとする。
年間獲得ポイント1位チームは関東大会出場は確定とし、残り1枠は関東大会プレイオフにて決定する。

<プレイヤー参加条件>
参加できるプレイヤーは、該当チームに開催時点で会員であること。
また、その該当チームでレギュラーシーズンに、年間21レッグ以上参加したもので、またチームとしても存続していなければならない。
ホームショップおよびチーム名の変更は、事務局に届けが提出しなければならない。
また個人が複数チームに登録しており、その複数チームが代表権を獲得した場合は、1チームにしか所属ができない。

※全ての項において、運営上ルール変更または追加する場合がございます。


JSDL 規約

JSDL規約はPDFにてご確認ください。

JSDL規約 PDF